2017.06.25


雨ですよ。
しかし九州出身。ここ安曇野の梅雨は快適です、ジメジメしていないですし。

やー、学生時代まで九州に居まして、その頃になけなしの具材でカレー作るも、一晩で腐ったこともありました。ジメジメしすぎだろ。
そして、それを食べるか、相当に迷いました。
まあ、実は食べたったいね。
そしてお腹下して「腐ったカレーは食べてはいけない」というマイルールができました。

マイルール?
常識?

人間は失敗を繰り返して成長していくのです。
ただ、スタート地点に天と地ほどの差があるだけです。

きっと、今年も九州の地で誰かが同じような経験をして、ひとつ賢くなることでしょう。
若者よ、大丈夫だ。ただし自分みたいな大人になってはいけない。

2017.06.18


初夏の朝。
まだ少し寒いです。(よね?)

----------
話には展開ってものがあるじゃないですか。

まあ、自分に言えた義理ではないのですが。
本を読んでいたのですよ。そうそう、小説ですね。

1章で○○が出て、2章で□□が出て、と続き、最後付近で一気に繋がる、という展開。
そうだと思ったんですよ。
章によって話が異なりすぎる。なんだこれ、どう繋がるんだ!と期待を膨らませ読み進めたんですよ。

短編集でした。

全く接点なく、あっさり読み終えました!
おーい!

わかりますか、この残念っぷり。
わかってくれますか!

どうでもいいですね。
そして、無事に借出した本は読み終えました。(金曜日)

がーん!

や、なにががーん!って、月曜日まで休館なんだ!火曜日まで読むものがない!
これは死活問題ですよ。部活とか就活とは違いますよ。緊急避難の電子書籍はあるので死なないけど。いや、なくても死に至ってたまるか!

執着していないから。
何に?

ごほん。

えー、暇だし、健全のために図書館に行きました。
ふっふっふ。安曇野市は図書館が一つではないのですよ。

いつもと違う図書館に行ったるでー!
と、いつもとは違う図書館に初入館しましたとも。
受付で無事に返却し、物色モードで徘徊。

ところでさ。人間集中すると周りが見えなくなるじゃん?
そして会社の知っている顔(もちろん名前も知っている)、だけれど話は一切したことがない。そんな人、居るじゃないですか。
そんな人と、ばったり遭ってしまったときの気まずさ、わかります?
集中していなかったら未然に防げたのに!あー自分のバカ!
しかも、相手は子連れだ。戦力比は1対3。明らかに劣勢だ。
これはまずい、と軽く会釈して選び途中にも関わらす、手にしていた本を持ってそそくさと貸出して退館。
会釈と受け取ってくれたら良いのですが、挙動不審の行動と受け取られたのではないか、ととても不安です。

----------
これが、マイナススパイラルというやつでしょうか。

貸出した本を読もうと開きましたが、シリーズ物の3巻を取っていたらしく(1,2巻は未読)、登場人物にまったくついていけません。
なんかね、いきなり悟空とフリーザが闘っているって感じ。おおお。
ひっかかったのにも理由がありまして、3巻のくせに、上下2冊なんですよ、上下と銘打っているんですよ。しかも3巻ということが末尾を見ないとわからない!

ぐう。

でも大丈夫!他にも貸りているから!
という週末。時間よ戻れ。

2017.06.11


何か嫌なことでもあった?という表情。
もしくは哲学してる?

----------

蔵書点検で約一週間の休館。
がーん。

そんな大仰な。いきつけの図書館が休館に入るだけです。
いままで経験した数々のがーん、に比べると痛くも痒くもないです。
しかも、事前にチェック済です。これは抜かりない対策が打てるというものですよ。
ここ最近は4〜6冊くらいを貸りて、一週間くらいで返却する、というパターンです。
これを貸出点数いっぱいの10冊を貸りて期間いっぱいの2週間で消化すればいいじゃん。

と思うでしょ?
私もそう思っていました。思っていましたとも。

何がって、重い。

本を選んでいる途中ではたと気がついたのですが、紙は重いです。
というか、ミレーのリュック(14L)に入りきれない可能性が濃厚。
無理に詰め込むのは良くない、貸り物だし!
テイクアウトを諦めるか。本を見つめる。本は無言だ。当たり前だ。

泣く泣く手にしていた四六判を諦め、文庫本10冊にシフトしました。
ああ、読みたかった本よ、いずれ読むから!今は戦略的撤退というやつなんだ!
と、思いを巡らせたのが土曜のお昼。
なんかね、10冊も借りると、本当に読了できるのかソワソワします。軽いストレスです。

10冊も貸りなきゃいいじゃん?

アホか。君はアホか。
今までの内容をもう一度確認してほしい。
図書館が休館に入るから、いつもより多く貸りているのだ。
そして、そこにストレスがある、と述べているのだ。

あれ、アホか?自分はアホか?
ストレッサーは自分なの?

というアホなことを考えていた週末。
えー、半分消化して、頭の中で物語がごっちゃになっています。とても愉快です。

2017.06.03

お客さん。

----------

6月というのに気温が一桁台。ストーブ仕舞っちゃってるよ!
家の中で服を着込んで本を読んでいたら、半袖で散歩している人がいました。マジか!

いや、安易に疑うのはよくない。きっと外は暖かいのだな!
と思い至り、ポタリングに出ただけで恨めしいレイノー発症。感覚が遠のき指が曲がらん。
そしてなにより寒い。
Tシャツ姿でバイク走らせている人もいる。頭がおかしいのか、同じ人間とは思えない、、。
何食べているのかヒアリングしたいよ。

鉄分?
そ、そうかー!レバーとパセリと青のりか!

と思い至った日。(立ちくらみも酷い→鉄分不足→血液の循環→レイノーという構図?)

2017.06.02

最近の雑念。

仕事のストレスか仕込まれた広告起因か、周期的に蔓延るPC欲しい病が脳内でパンデミックレベルまで至りました。
しかし、「まだ使える!」という理性が勝利し、ひと時の平和が訪れています。

あ、ようやくマウス買いました。快適です。
(MacBookで使っていたマウスが年末に壊れていた。←約5ヶ月後に購入。遅いよ!)

それはさておき、いまだに使用PCがiMac mid 2011とMacBook pro late 2011。
2011年製!6年の歳月ですか。
MacBookはSSDに変更しているもの、その他は購入時のスペックのまま。
でも、使えなくはない。

何を言いたいのか?

や、使えなくはないと理解している一方で、古いのではないか。つまり買い替えを考えるタイミングなのではないか。
その考えゆえか、動きがもったりしている感じがする。(ネットサーフィンとちょっとした写真加工くらいしかしないけど!)
しかし、このほんの些細なストレスのために、新しいPC購入は過剰だ。(理性がんばれ!)
ストレスの芽は若いうちに、とも言われます。(マウス購入に5ヶ月もかけたくせに!)
この雑念を消し去るべく、メモリを購入しました。(結局、負けとるやん!いやこれは必要悪だ!)

MacBookのメモリを8GBにして、あまったメモリをiMacの空きスロットにつけてこちらも8GB。

ほら!

ほらほら!


カチカチ、ふむ。

なんとなく、快適になった気がする。快適になったに違いない。
そもそもネットサーフィンと(略)
他人に迷惑をかけない自己満足って大切だから!スペックアップにとても満足しているから!

という至極どうでもいい話ですが、自分としては嬉しいのです。
こんなことでも幸せにカウントしている、その人生。どうなの?
幸せの閾値が低いのか、幸せが何なのかを知っていないアホなのか。

という問いが投げかけられた日。